« 謹賀新年 | トップページ | 週末は、風邪だったが… »

2010/02/11

Linux Gnome上でのユーザー補助/スティキー・キーのバグの回避方法

忙しさにかまけ、久々のブログになってしまいましたが、支援技術(ユーザー補助)のスティキー・キーを障害を持ったエンジニアに、有用な情報をゲットしたので、記載します。

Linux gnome desktopでスティキー・キーを利用している中で、誤って2つのキーを同時に押してしまうと、この機能が無効にされてしまうことがあります。(スティキー・キーは、[SHIFT]+1='!'などの操作を、SHIFTきーを押されたままの状態にして、1本の指でキー操作ができるようにシュミレートする機能です。) 私もこれには、ずいぶん悩まされましたが、この機能解除を回避する設定がありました。英語なので、日本語に翻訳しておこうと思います。

1.支援技術、ステッキー・キーの設定

システム→設定→支援技術
  キーボード→アクセシビリティで
全般:
 □キーボードからアクセシビリティの機能をON/OFFできるようにする。(A) チェック

スティキー・キー
 □同時にきーを押された状態を模擬する(S) チェック
 □2つのキーが同時に押下されたらスティキー・キーを無効にする(B)  チェックしない

バグは、3番目のチェック・ボックスを選択しなくても、スティキー・キーが無効にされてしまうバグです。アテトーゼ型の脳性まひには、これが辛いんですが…(しつこいか?)

2.しかし、このバグは、システムツールの中の設定エディターで、stickykeys_two_keys_offをoffにすることで、回避できることが分かりました。
その手順は:

アプリケーション→システムツール→設定エディタ
  desktop→gnome→accessibility→keyboard で、右側にアクセシビリティの設定オプションを出し、
  スクロールして、stickykeys_two_keys_offの設定を解除してください.

これで、バグは、回避できるはずです。

もし、設定エディタが、見つからない場合は、gconf-editorとコマンド・ライン(端末window)から、打つか、インストールしてください。

情報元:http://ubuntuforums.org/showthread.php?t=818961 (英語)

|

« 謹賀新年 | トップページ | 週末は、風邪だったが… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 謹賀新年 | トップページ | 週末は、風邪だったが… »