« Gちゃんと山歩き、その6 | トップページ | ストレス解消 »

2009/10/21

小説 『神々の山嶺』

このブログに、書きたいことは、山ほどあるのだが、

mid-termのテスト勉強をサボリ、読みきってしまった小説のレビューをミクシィに書いたので、コピーする。


私は、この小説の主人公と同じ、41歳です。境遇も、少し、似ているかな?

あと半分もある人生、これから、どうやって生きていこう? なんて、考えています。



どんな文章を読んでも、それほど、希望が持てなかったのに、この小説は、明るさを与えてくれました。

『人には、権利がある。
何を奪われようが、何を失おうが、最後に唯1つ残された権利だ。
それは、自分の選んだ生き方に、生命をかけてもいいという権利である。』

この言葉に、感動を覚えました。

ちょっとした、ハッピーエンドもいいですね。

リンク:神々の山嶺


少し、頑張る勇気がわいてきた。

|

« Gちゃんと山歩き、その6 | トップページ | ストレス解消 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Gちゃんと山歩き、その6 | トップページ | ストレス解消 »