« Gちゃんと山歩き、その5 | トップページ | 小説 『神々の山嶺』 »

2009/10/17

Gちゃんと山歩き、その6

(まだ、下書き状態で、ごめんなさい。)

Gちゃんのうちに近い、スティーブン・クリーク・パークへ行く。曇り、のち、晴れ。

嵐のあとで、道が荒れていたり、倒木で、通行できないところもあった。

ただ、雨上がりの山の濃厚な匂いも、悪くない。

今回は、1ヶ所、車椅子の運転では急過ぎる坂があり、僕が車椅子を下りて、Gちゃんに、空身の車椅子を運転して、上げてもらった。これも、技術の1つかもしれない。帰りは、通りがかりの3人の人に助けてもらい、車椅子を下ろしてもらった。

Gちゃんのアルバムです。 (これを、書くのに30分ちかくかかったので。)

|

« Gちゃんと山歩き、その5 | トップページ | 小説 『神々の山嶺』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Gちゃんと山歩き、その5 | トップページ | 小説 『神々の山嶺』 »