« かしこい。 | トップページ | El Caminoのジャンプ台 »

2009/08/25

癒し

リスク・テイカーとしての障害者の自立生活活動

自然、フィールドにおける登攀、滑降、および、それに準ずる行為

とくに、シリコン・バレーなどにおけるベンチャー企業の復興


これらを、本質的に同一のものとしてみなせられるか、どうか?

大事な問題と思うが、けっして、問うてはならない問題のようにも思う。

若者が、社会に挑戦するとき、これが、一番、心を萎えさせる原因では、なかろうか?

もう若者ではないが、(笑)、少し、疲れている。


昨日、久しぶりの、障害を持たない友人とのチャットの中で、

「頑張って」という、さりげない一言に、

癒された。


「まだ、頑張っても、いいんだよね.」

と、つぶやいてみる。

|

« かしこい。 | トップページ | El Caminoのジャンプ台 »

コメント

はじめまして。障害児の子供を持つ主婦です。ゆっくりペースでがんばってくださいね。

投稿: coco | 2009/08/28 20:08

cocoさん、ありがとう。

投稿: いさむ@Calif | 2009/09/22 16:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« かしこい。 | トップページ | El Caminoのジャンプ台 »