« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009/06/07

multiboot環境とは?

mixiの方で、ソフトウェアにあまり詳しくないマイミクさんに、「multibootとは、何か?」きかれ、説明してみました。私自身、grubも勉強中なのですが、よかったら、お読み下さい。


Multibootとは、なにか?

パソコンショップへいくと、皆さん、Windows”マシーン”とか、”Mac”とか、Linux"マシーン”とか、買われると思います。 WindowsもMac (OS)もLinuxもオペレーティング・システムと呼ばれるものです。ここで、マシーンとは何かって言うと、機械その物です。よく、俗に言われる、箱とか、ラップトップです。ここで、そのマシーンを、もう少し詳しく見ると、箱の中のCPUと呼ばれるLSIのチップです。

もし、それぞれのオペレーティング・システムが、同じLSIつまり、おなじ箱で動くとしたら、どうなりますか? 例えば、Windowsマシーン、Linuxマシーン、2つのマシーン、2つの箱を買わなければ、いけないところを、1つの箱で、Windowsマシーンにも、Linuxマシーンにもなったら、便利だと思いませんか?

まあ、エンド・ユーザーでしたら、1つで充分ですが、仮に、同じソフトウェアを、Windowsのユーザーにも、Linuxのユーザーにも売りたい場合や、私のような貧乏学生で、いくつも、パソコンを買えないときなど、便利でしょう。これが、multi-boot environment (system)と呼ばれるものです。

さて、1つの箱で、WindowsもLinuxも、同じ箱で動くことが分かり、両方、インストールしたとします。ただ、ここで、大事なことは、2つ、同時には、走らせることは、できません。キーボードも画面も1つだから、両方同時とはいきません。(いま、はやっているvirtualization という技術を使えば、同時に動いているように、見せることは、できますが。技術的に見れば、これも、見せかけです。)

WindowsもLinuxも、同じ箱で動く、だけど、一度に2つは無理、と、したら、その箱の電源を入れたとしても、そのコンピューターは、どっちを動かしていいか、指定してあげない限り、迷ってしまいますよね?

それを指定してやるのが、Grub utilityというソフトウェアです。コンピュータの電源を入れたときに、まず、grub が走り、どちらを動かすのか、聞いてくるのです。例えて言えば、電車が、駅のホームへ入ってくるとき、どのホームに入るか、線路にポイント切り替えがあるでしょう? そのポイント切り替えで、どちらのホームに入るか、決まります。このポイント切り替えが、grubにあたります。

一つの線路が2つにわかれる場合、ポイント切れ替えは、1つでいい。2つは、いりません。これと、同じ理屈で、2つ入れていたgrubを一つにしたら、すんなり動いたという分けです。

| | コメント (0)

2009/06/04

なんとか、完成!

Multiboot system が、なんとか、動いてくれました。

OpenSolarisも、Linuxも、立ち上がりました。

みそは、Grub utilityは、マシーンに1つあればいいということらしい。multiboot system を管理するモジュールなので、それは、理屈にあっているのだが…

| | コメント (0)

multiboot環境、構築ならず…いまのところ

昨日、UNIXのクラスで、OpenSolarisとLinuxのmultiboot環境の構築を目指したのだが、今のところ、成功していない。

パーティションを切れば、grubというutilityで管理できるはずだが、OpenSolarisがZFSをroot dirで使っているためか、Linuxが、ブートできない。

こんなはずじゃなかったのに、と、つぶやきつつ,頑張ろう。

| | コメント (0)

2009/06/01

My new blog in English only.

I just started my new blog site.
http://isamush.blogspot.com

It's English only.

| | コメント (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »