« 帰国という旅路 | トップページ | 八王子へ »

2009/03/28

プラットホームという恐怖

両親と、JRで都心へ出かけた。

中央線に乗っていると、知らないおばさんが、私が一人で乗っているのかと、驚いて、お菓子をくれた。ありがたかったが、今の時代も、まだ電車で車椅子は、珍しいのかと思う。

JRの四谷で下車、駅のプラットホーム、駅員さんに案内されて、電クルで、走るわけだが、階段どでホームが狭いところを通るとき、怖かった。ひとつ、間違えれば、落ちてしまいそう。母は、「スカイダイビングやる人が、なんで、こんなところで、ビクつくの?」と笑うが、ジョイ・スティックの操作を誤れば、ホームから落ちるだろうし、電車も来るだろうし、スカイダイビングより、怖いのである。

何かいい手は、ないものか? 

|

« 帰国という旅路 | トップページ | 八王子へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 帰国という旅路 | トップページ | 八王子へ »