« プラットホームという恐怖 | トップページ | 高尾山山頂へ »

2009/03/31

八王子へ

八王子に1人、電動車椅子で行った。距離にして3.1km。

12:30スタート、1時すぎには着いてしまった.アスファルトが粗く、でこぼこがあり、振動は多いが、通れないことはない。

両親がやっているビジネスのミーティングがあり、東急スクウェアの11階へ行く。1時すぎ、数名の方が集まっていた。両親のことを聞かれ、先に一人で来たというと、皆さん、驚いていた様子。主催者さん、しっかりしてください!って、それはないか?

4時すぎ、ミーティングの後、9階のカフェで、母とお茶する。このカフェは、とても展望が利く。八王子の南半分が見え、我が母校、拓大の校舎も微かに見えた。気持ちよかった。

その後、母と別れ、高校の友達が、店を始めたので、探す。20数年前の高校時代の記憶が頼りだったので、かなり迷い、諦めかけたが、見つけてしまった。1階がガレージ、2階が彼の釣具屋、3・4階が自宅。少し迷ったが、チャイムを鳴らすと、奥さんが出てきて、次に、彼が。高校1年の時、同じクラスで、よく面倒を見てもらったが、かなりやんちゃだった。

ちょっと、驚いた様子だっが、ホーム・エレベーターで2階に上げてもらったが、車椅子が重く、ブーとブザーが。「お前が重いんだよ。」とはっ倒される。気さくな奴だ。1階に車椅子を置き、身軽になり、2階へ。店の裏へ通された。近況を話し、奥さんと1歳の娘を紹介され、少しの間、世間話。居心地良かったが、彼は、まだ、営業中だったので、飲み会の約束をし、早々に退散した。そして、夕暮れの八王子を走った。

大きな地図で見る

|

« プラットホームという恐怖 | トップページ | 高尾山山頂へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« プラットホームという恐怖 | トップページ | 高尾山山頂へ »