« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008/03/23

ロンドンのエレベーター

先週の水曜日、ロンドンへ行ってきた。今回は前回と違い一騒動!

いつも、South West TrainsでWaterloo駅に行き、Waterloo East駅から、South East TrainsでLondon Bridgeまで行くのだが、WaterlooとWaterloo Eastの連絡路には、エスカレーターがあり、私は、隣のエレベーターを利用するのであるが・・・それが、壊れていた!

その日は、同僚で、まだ20代のスマートで大人しい青年、ポール君が午前中の仕事を抜け出し、一駅乗って、Waterlooまで来てくれた。ホームで、落ち合うと、「エレベーターが動いていない。」と。・・・私、一瞬、目が点になってしまった。ビックベンのテムズ川を挟んで向かいのプラットホームが19番まであるどでかい駅のど真ん中にあるエレベーターが故障で止っている。いくら私でも、そこまで、読めなかった。手回しの良いポール君は、駅のオフィスに寄ってチェックを入れており、車いすも乗れるタクシーを駅側で用意してくれて、待たされたけど、行きはよいよいであった。・・・

と来ると、帰りが怖いとなる。やさしいポール君、5時頃、Waterlooに電話を入れてくれた。エレベーターは、まだ、直っていなかった。向こうの「あと1週間くらい、復旧に掛るでしょう。」と言う言葉に、さすがのポール君も、怒りをあらわにし、「ほかに方法は?」と問い詰めると、一駅、乗り越して、 Chaning Crossまで行き、戻ってくる方法があるという。私も、以前にWaterlooからChaning Crossまで、車いすで走ったことがある。テムズを渡る楽勝コースで、それなら、と、私も思った。ただし、ルートを頭のなかで確認すると、1個所、Hungerford Bridgeの袂でエレベータを利用する必要がある。動いていれば、よいが・・・。ポール君にそのリスクを伝えると、Cross Finger(願い事するときのしぐさ)して、笑ってくれた。

夜、8時半、その夜のレクチャーを受け、バイキング形式のディナーに出席し(ポール君が、食べさせてくれた。本当にやさしい奴だ。)、2人、帰路につく。London Bridgeを南へ渡り、雑踏の中、駅へ。ホームで駅員に頼み、入ってきた電車にスロープを掛けてもらい、乗り込む。2駅、 6分くらいで、終点のChaning Crossに着く。スロープを出してくれる駅員がなかなか来ず、一瞬、あせったが、無事、ホームに下りることができた。改札を出て、かって知ったる道をゆく。ポール君が、you know this way, right?と、聞くので、コクリと頷く。ものの30mくらいで、狭い通路から、歩道だけのHungerford Bridgeに出た。テムズ両岸の夜景がすばらしい。明かりが点ったLondon Eyeの大観覧車も、間近に見えた。見物しながら闊歩する。

橋を渡って、エレベーターの前、ボタンを押すとちゃんと動いてくれた。こうでなくちゃという感じで、2人、笑顔でのりこむ。一安心。1st (中2階)のボタンを押し、下降。と、・・・・ドアの片方が開かない! 一瞬、2人の笑顔が、凍り付く。少し、待って様子をみたが、開いてくれない。エレベーターが動かないのも困るが、乗ったあと壊れるのは、もっとたちが悪い。しかも、人通りの少ない夜。気を取り直し、解決策を見つけるべく、観察す。ドアと車いすの幅が同じくらいなので、実力行使を試みる。多少バリバリと金属のぶつかる音がしたが、なんとか脱出成功。難を逃れた。そして、劇場の横を通り、もう一度エレベーターで、地上におり、Waterloo stationへ向かった。何かとても達成感のある帰り道であった。

Waterlooでも、電車に乗り込むまで、付き添ってくれたポール君、翌日、冗談も織り込んだThanks!メールを送ると、少し、心配したように、「あのあと、無事、帰れましたか?」と返事が。・・・ 普通の民間人には、少し過激な旅ではなかったかと・・・どうなのだろうか、そこら辺? 反省するわけではないが、ちょっと微妙。

ところで・・・ 今日は、雪が舞っていたけど、暖かくなってきましたね、ロンドンで、軽くデートなど、いかがでしょうか? ・・・なーんちゃって。

| | コメント (5)

2008/03/13

10年記

今日は、30代、最後の日。

10年前、誕生日には、母の友人で、僕とも友だちのG&Y夫妻にSan Jose, CAのフリー・マーケットに連れていってもらった。おしゃれで、サングラス、買ったのは、あのときが初めてか? めいいっぱい気持は、張っていたけど、大学院へ進んだわけでもなく、正社員として働いているわけでもなく、かなり気分的には、どん底だったような気がする。自分が、子供のように見えてしまい、なかなか、言い出せなかったけど、今日が誕生日だと、伝えると、そのサングラスをプレゼントにしてくれた。まあ、その4月に、正式に今、働いている会社に採用されるわけだが・・・。あれから、10年、今も、同じ会社で、エンジニアとして働かせてもらっていることに、感謝せずにはいられない。

その10年前は、アパートで自炊生活する直前で、期待と不安でいっぱいだった。こういっては、なんだけど、もう世の中のこと、分かったような気になっていて、とても生意気だったと思う。

昨日、こんな記事を読んだ。
http://www.asahi.com/life/update/0314/TKY200803130442.html

日本では、20才が成人だが、それから、本当に成熟するまで、20年は、掛るだろう。とても分かるような気がする。とは言え、私も、まだまだだが。

もう40才。これから、何年、生きるのだろう。縁起でもないことは、分かっているのだが・・・父方の伯父さんは、ちょっと、体に障害があって、60まで、生きることができなかったし、ついこの間は、自立生活をしていた知人の脳性麻痺の人が、入浴中の事故で、逝ってしまうし・・・40才の若さだった。

だからといって、暗くなっているわけでもない。今日だって、ランチは、会社を抜け出して、パブに行くことになっているし。(オフィスで、私の後ろの人が昨日誕生日で、私のとなりのパーティションの人が、私と誕生日が、偶然一緒で、3人とも decade celebrationなのだ 。それで、まとめて・・・と言うことだ。) 今までの20年と、これからの20年だったら、これからの20年の方が、ずっと、楽しいような気がする。絶対、そうなる・・・?! 何て、本当にそんな気がしている。

今日は、30代、最後の日。シマって、行こう!

3月14日 5:14 a.m.(GMT)

| | コメント (0)

2008/03/05

ブログ停滞中

このところ、本業の方が忙しい。考えることも、やることも、仕事ばかりで、なかなか。
社内のwiki pageは、必要にせまられて、更新しているんだけど。
また、面白いことがあったら、更新します。すんまへん。

| | コメント (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »