« London, December 2007 | トップページ | A Happy New Year / この1年を振返って »

2007/12/22

ロンドンで撃沈

Londondec12lec02 Londondec12lec01

ロンドン。10分のプレゼンテーションも、しっかりと、・・・と言いたいところなんですが・・・

えーと、なんだっけ。これ以上、このブログも、書きたくない。放棄したい。

はじめの3つくらいのスライドは、しっかりしゃべってくれたのですが、その後、・・・止まってしまった。繰り返しても、しゃべってくれませんでした。

テストでは、1度も、止まったことがないのに・・・

何で、よりによって、本番に・・・・・・ 絶句!

まあ、スライドと、テキストで、同僚たちが、喋ってくれました。

お客さん(外部)の反応も、よくなかったです。今どき、合成音声なんて、あって当たり前の技術ではないかという感じ。当然と言えば、当然だと思います。いきなり僕にあって、コンピューターの合成音声で、プレゼンされても・・・って言う感じでした。

ただ、内部で、いっしょにやっている人たちからは、誉められました。それが、うれしかったです。

最後に、これ聴いてください。
http://www.geocities.com/isamush01/greet2007.wav

まあ、人生、山あり、谷ありです。

|

« London, December 2007 | トップページ | A Happy New Year / この1年を振返って »

コメント

>えーと、なんだっけ。これ以上、このブログも、書きたくない。放棄したい。

本番で失敗すると本当にがっかりしますよね。僕も毎年教会のクリスマスパーティでピアノを弾くのですが、今年はショパンの「別れの曲」を弾きました。本番前の練習では間違えずにでき、その上、セミプロのバイオリンニストの人からCDを流していると思った、なんてお世辞までいわれました。ところが、本番は間違いだらけ。悲しくなってしまいました。でも、来年は別の曲で再挑戦です。

投稿: mario | 2007/12/25 13:52

mario先生、コメントありがとうございました。

ピアノ、すてきですね。また、聴かせてください。

今回は、テストでは、バグが出ず、同僚やSenior Engineerからも、行けると言われたので、つい、調子に乗ってやったのですが、この有り様でした。

でも、のっけで地獄を見るというのは、いつもの僕のパターンなので、これで、調子が上がるのではないかと思います。

投稿: いさむ@UK | 2007/12/25 21:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« London, December 2007 | トップページ | A Happy New Year / この1年を振返って »