« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007/12/30

A Happy New Year / この1年を振返って

2008年、みなさまにとって、

幸多き年になりますように!

心から、お祈り申し上げます。



(こちら、イギリスでは、1月2日から、一般業務が始まります。ふつつかでありますが、このブログで、年末年始のご挨拶と替えさせて頂きます。)





~この1年を振返って~

今年、1年、振返って、今年ほど、内面的に、変化できた年も少ないと思う。

発端は、昨年12月、T君と旅行できたこと、(ああ、まだ、終わってないけど、あの旅行記も、いつか、終わらせます。) それに、ミクシィで、素敵な人たちと出会えたことだろう。それが助走路となり、つぎに、インターネットで、心理学とカウンセリングを勉強できたことだろう。

別に、心理学でなくともよかったのであろうが、科学好きな私としては、一番納得できるものが得られたような気がする。それは、燃尽き症候群など、自立期における問題点と、その解決策とでも言ったらよいだろうか?、自分で言うのもなんだけど、頑張って頑張って頑張って、つかれてしまった私に、一つの解を与えてくれた。それまで、一言で言ってしまうと、分かってもらえない「ふざけんなよ!」見たいな怒り、それは、頑張って自立に向かっている間に、抑圧された感情であったのであろうと思うのだが、それら感情を感じ尽くすことによって、昇華させることもできると学ばせてもらったし、時間が掛ったものの、それで、楽になれたと思う。つまり、あまり考えなくてもよいことを、考え続けていた。何でも自分でやる『自立期』から相手に感謝し、共存していく『相互依存期』ヘ移行できなのかと思う。

一時期、落ち込んだ時期があるが、これが、後半につながって、ロンドンのオフィスで仕事したり、User groupのmeetingへ出席したり、生活を自分なりに楽しむようになった。中でも、自分のアイデアを形にして、周りの人に楽しんでもらえたことは、とてもうれしいし、ある意味、成功体験ができたと思う。まあ、ロンドンでは大失敗をしてしまったが、不思議と気持の落ち込みはなく、また、やるさと、思っている。

これを書いている間に、窓の外は、晴れてきて、気持がよい。

来年も、いろいろあり、様々な人にお世話になりながら、やっていくと思うが、この調子で、頑張って、楽しんでいきたい。
来年もよろしく、お願い致します。

最後に、本を2つ、
『マザー・ツリー』C.W.ニコル
・・・最近、読んで、特に、感動した本です。ニコルさんの集大成ではないのかなと、思います。

『夢、ありき』 茂森 和子・政 ・・・まだ、お手元になければ、是非!(笑)

| | コメント (1)

2007/12/22

ロンドンで撃沈

Londondec12lec02 Londondec12lec01

ロンドン。10分のプレゼンテーションも、しっかりと、・・・と言いたいところなんですが・・・

えーと、なんだっけ。これ以上、このブログも、書きたくない。放棄したい。

はじめの3つくらいのスライドは、しっかりしゃべってくれたのですが、その後、・・・止まってしまった。繰り返しても、しゃべってくれませんでした。

テストでは、1度も、止まったことがないのに・・・

何で、よりによって、本番に・・・・・・ 絶句!

まあ、スライドと、テキストで、同僚たちが、喋ってくれました。

お客さん(外部)の反応も、よくなかったです。今どき、合成音声なんて、あって当たり前の技術ではないかという感じ。当然と言えば、当然だと思います。いきなり僕にあって、コンピューターの合成音声で、プレゼンされても・・・って言う感じでした。

ただ、内部で、いっしょにやっている人たちからは、誉められました。それが、うれしかったです。

最後に、これ聴いてください。
http://www.geocities.com/isamush01/greet2007.wav

まあ、人生、山あり、谷ありです。

| | コメント (2)

London, December 2007

ロンドンへ、いってきました。

行きの電車の中で、狭いんです・・・

Londondec12train_2

寒さに耐えながら・・・

Londondec1202

 

ロンドン橋の中央で、午前11時でも、この日の傾き

Londondec1203

タワー・ブリッジと軍艦


Londondec1204

Thames River!!!!

Londondec1205_2

向こう側へ、わたります。

Londondec1206

オフィス到着、椅子に移る。


Londondec12office_2

ランチの時、3階のオフィスの休憩室からの眺め


Londondec1207

赤い2階建てバス。ならびに、地下に公衆トイレ。

Londondec1201

| | コメント (0)

2007/12/04

ほんの10分なのですが・・・

この間、このブログに書いた『 しゃべるプログラム・・・だよ~ん!』なんですけど、

12月19日、ロンドンで開かれるOpen Solarisのユーザーグループで、発表することになりました。

http://www.opensolaris.org/os/project/losug
(Our second speaker ・・・ というところです。)

自分で書いた、しゃべるプログラムが、そのプログラムについて、しゃべって、プレゼンするというものです。
ちょっと、ややこしい?
技術的なことで、プレゼンするのは、今回が初めてなので、10分とささやかですが、正直、とてもうれしいです。
私をそういうところに導いてくれた先輩・同僚に、感謝です。

あきらめず、長くやっていれば、たまには、こういうこともある、って言うことじゃないかな。

次回は、このソフトで、ほかのトピックについて、プレゼンできれば、と思います。

ちなみに、このミーティングは、オープンですので、ロンドン近郊にお住まいで、ソフトウェアに興味のある方はどうぞ。詳しくは、上のリンクのページをお読み下さい。メールで、registration、受け付けております。

(今回は、自家用ジェットで、日本にお迎えに上がることは、できないのですが、あしからず)

| | コメント (0)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »