« ロンドンで撃沈 | トップページ | 一歩ずつ »

2007/12/30

A Happy New Year / この1年を振返って

2008年、みなさまにとって、

幸多き年になりますように!

心から、お祈り申し上げます。



(こちら、イギリスでは、1月2日から、一般業務が始まります。ふつつかでありますが、このブログで、年末年始のご挨拶と替えさせて頂きます。)





~この1年を振返って~

今年、1年、振返って、今年ほど、内面的に、変化できた年も少ないと思う。

発端は、昨年12月、T君と旅行できたこと、(ああ、まだ、終わってないけど、あの旅行記も、いつか、終わらせます。) それに、ミクシィで、素敵な人たちと出会えたことだろう。それが助走路となり、つぎに、インターネットで、心理学とカウンセリングを勉強できたことだろう。

別に、心理学でなくともよかったのであろうが、科学好きな私としては、一番納得できるものが得られたような気がする。それは、燃尽き症候群など、自立期における問題点と、その解決策とでも言ったらよいだろうか?、自分で言うのもなんだけど、頑張って頑張って頑張って、つかれてしまった私に、一つの解を与えてくれた。それまで、一言で言ってしまうと、分かってもらえない「ふざけんなよ!」見たいな怒り、それは、頑張って自立に向かっている間に、抑圧された感情であったのであろうと思うのだが、それら感情を感じ尽くすことによって、昇華させることもできると学ばせてもらったし、時間が掛ったものの、それで、楽になれたと思う。つまり、あまり考えなくてもよいことを、考え続けていた。何でも自分でやる『自立期』から相手に感謝し、共存していく『相互依存期』ヘ移行できなのかと思う。

一時期、落ち込んだ時期があるが、これが、後半につながって、ロンドンのオフィスで仕事したり、User groupのmeetingへ出席したり、生活を自分なりに楽しむようになった。中でも、自分のアイデアを形にして、周りの人に楽しんでもらえたことは、とてもうれしいし、ある意味、成功体験ができたと思う。まあ、ロンドンでは大失敗をしてしまったが、不思議と気持の落ち込みはなく、また、やるさと、思っている。

これを書いている間に、窓の外は、晴れてきて、気持がよい。

来年も、いろいろあり、様々な人にお世話になりながら、やっていくと思うが、この調子で、頑張って、楽しんでいきたい。
来年もよろしく、お願い致します。

最後に、本を2つ、
『マザー・ツリー』C.W.ニコル
・・・最近、読んで、特に、感動した本です。ニコルさんの集大成ではないのかなと、思います。

『夢、ありき』 茂森 和子・政 ・・・まだ、お手元になければ、是非!(笑)

|

« ロンドンで撃沈 | トップページ | 一歩ずつ »

コメント

雑記帳のコメントを書かない事が多いが、自分が疲れた時などにこれを見ては励まされ、次のステップへと助走をつけさせてもらっています。突然ですが小生、今年で舞台の仕事を降りようと考えています(厄年なのに)。今年はそのため、他の仕事の基礎作りをしようと考えています。旅をしたあの六日間から早くも一年は過ぎ去ってしまったのですね。
イギリスは快晴ですか。
いつの日かまた訪れたいと思っています。

投稿: 明けましておめでとうございます。 | 2008/01/01 03:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ロンドンで撃沈 | トップページ | 一歩ずつ »