« なぜか、嬉しい | トップページ | しゃべるプログラム・・・だよ~ん! »

2007/11/10

楽天的発想。

書きたいことは、たくさん、浮かんでくるのだが、いかんせん、手の動きが鈍く、そうも言ってられない。

頭のなかで考えた、文章を、脳波などから検出して、テキストにアウトプットする装置があればいいのに。

でも、そういう研究もかなり進んできていると思う。サルを使って、脳の指令をセンサーで読み取って、餌を配給する実験なども成功しているらしい。 はじめにそのサルに、ボタンを押すと、餌が出てくる仕組みを教えておく。でも、本当は、脳からの指令で、餌が出てくる。そのうち、サルは、ボタンを押さな くても良いことに気が付いてしまった。・・・という話。

帽子形センサーで、そういうことができるようになる。。・・・可能性はある。

はたまた、脳の幹細胞を利用して、脳性麻痺の失われた運動神経を再生する。
そんな医療技術が、あと、20年もすれば、できるはずである。20年後、僕は、60才くらい。まだまだ、ヒマラヤに行ける歳。なんて、大風呂敷、なのだが。

でも、語るだけでも楽しいではないか?

さあ、今日は、なにをしようかな?

P.S. と、ミクシィで書いていたら、早速、コメントをもらいました。
NHKスペシャル|眠れる再生力を呼びさませ 〜脳梗塞(こうそく)・心筋梗塞(こうそく)治療への挑戦〜
http://www.nhk.or.jp/special/onair/071105.html

|

« なぜか、嬉しい | トップページ | しゃべるプログラム・・・だよ~ん! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なぜか、嬉しい | トップページ | しゃべるプログラム・・・だよ~ん! »