« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

2007/04/23

かなしいな~

昨日、何とは、なしに、私の好きな作家、CW.Nicolで、googleしてみた。結果がここ
一番上の『he is big. He is bad,...どうたら、こうたら』と言う記事を、見た。書いたのは、Newsweekの記者らしいが、長野の山奥に住んでいる変人って感じで、思いっきり、叩かれているような記事だった。確かに、ニコルさん、変わっていて、自分の信念で行動してしまうような人だけど、「黒い羊は、黒い羊」と言うことか? なんだかさ、こっちまで、悲しくなってしまった。

心臓外科医の南淵先生が、書いておられたね、「言っても分からんものは、見せても分からん。」って。

これとは、逆の話。 もう5年位前の話だが、父とCaliforniaのBayAreaからYellow Stoneまで、1週間かけてドライブ旅行したことがある。その中で、汚れた服を洗濯するため偶然立ち寄ったTeton国立公園のサービス・エリアに、ビジターズ・センターが設けられていた。そこで、国立公園のレンジャーからアメリカ・インディアンのレクチャーを受けた。その冒頭、「よく映画なんかで出てくるインディアンが持っている斧ですが、あの斧、フランス製です。・・・」 要するに、コロンブスがアメリカに来る前は、斧は、なかったことになる。私は、そのとき、やられた!と思った。真実を伝える言葉は、すばらしい。ニコルさんが、よく言う国立公園のレンジャーは、こういう人なのかと思った。

ところで、上の英語の記事だが、長野は、松尾芭蕉ではなく、小林一茶のterritoryでは、なかったかな? これがまあ/終の棲家か/雪、五尺 は、一茶の句だよね?
ちょっと、ツッコミ、入れてみました。

| | コメント (0)

2007/04/15

究極の秘密兵器

http://www.counselingservice.jp/lecture/lec26.html

昨日のリンクをたどっていったら、こんなページが出てきました。このページで、男性を介助する者、女性を介助される者と置き換えてみると ・・・、これが、究極の秘密兵器かも? 本当は、門外不出にしたいところですが。

とよちゅんさんやMickさんののはなしではありませんが、手を貸す方も、そんな強い立場ではないと思う。ただ、介助される方にとっては、強く見えてしまう場合もある。そこのところ、もう少し、うまく出来れば、いいなあと、思う。われわれも、介助のされ方を、磨くべし。

P.S.はい、分かっています。旅行記も頑張ります。イギリスの湖水地方か、スイスあたりの山小屋に、1週間くらい、カンヅメにしてもらえると、書けるかも。冗談です。

| | コメント (2)

2007/04/14

とよちゅんさんのコメントから

とよちゅんさんが、『ちょっといいこと』へのコメントで、手伝っていいかどうか、迷うって、おっしゃられたけど、それにちょっと関連して、したのようなWebpageを見つけたので、紹介します。

http://www.counselingservice.jp/lecture/lec111.html

もちろん、とよちゅんさんが、このケースに当たるとは、私は、思いませんが、前半部分より、最後のエピソードに、感激してしまいました。母親になった彼女の気持ちが、よく分かるような気がして・・・

私も似たような経験があります。中学や高校で、山をやっていまして、他の部活だと、試合とかあり、いい成績を残せば、表彰されるんですが、私のワンゲル部は、いくら高い山に登っても、表彰されることはないし、危ないことすれば、しかられるのが、関の山でした。もちろん、トレーニングも、駐車場や体育館の裏でした。本当に、何も与えてもらえなかったような気がします。だけど、みんな、山やアウトドアが好きで、週末になると、部活ではなくても、自転車など、自力で、どこか行ってました。わたしは、月曜日にみんなの話しを聞くのが楽しみでした。「山は、自分のために登るもの。」であり、人生も、自分で生きるもののように感じていました。それが、愛なのか、単なる我侭なのか、分からない部分もありますが・・・

旅行記、頑張ります・・・(苦笑)

| | コメント (5)

note for myself: vi tip 1 add tab

This is a note for myself: vi editor.

1. add an indent tab at the begining of lins:
   :<adr>,<adr>s/^/[tab]/
  The interesting thing is that although s is the substitute command, this inserts a tab at the begining of lines. In regular exp, ^ means the begining, and null (empty) string follows. This is useful to move a block of source codes to one tab right at once.

2. cut spaces at the ends of lines:
:%s/[ ]* $//

3. test:
:set list and :set nolist

reference: vi

| | コメント (0)

2007/04/07

ちょっと、いいこと。

(冗談ぽく、書いてみました。)

今日は土曜日、例の行きつけのカフェに行った。もちろん、電動の車椅子でである。
カプチーノと、Mickさんが好きだといったストロベリー・チーズケーキを頼む。
今日は、天気がいいし、裏の屋外のテラスに出る。

家族連れが、食事していた。私は、その中の子供、二人に、手を振った。二人とも、はにかんでしまったが、私と同年代と思われるお母さんと、お父さんは、喜んでいた。

カプチーノとケーキが運ばれてきたので、席を選ぶ。だが、どのテーブルもぐらついて、安定感がない。それを見ていたそのお母さん、「そのテーブル、ぐらつくでしょう。このテーブルが一番いいわ、私たち、もう出るから、ここにすれば?」と言ってくれた。そのテーブル、本当に安定感がよく、青空の下、カプチーノと、ずたずたに、きざまれた、チーズケーキを楽しむことが出来た。(chocoさんなら、このチーズケーキの様子、想像できるよね?)

そのときは、それだけで終わったが、家に戻り、ベッドに寝っ転がり、ふと、思った。私は、あの家族に、少しだけ、なにか、勇気とかそういうものを、与えたのかな、と。私にとっては、一人でカフェに行くことなど、日常のことで、「別に?(それがなにか?)」と言うべきことである。だけど、周りの知らない人にとっては、なにか、意味のあることかもしれない。それは、法律を変えるとか、ニュースになるとか、そんな大きなものでは、ない。だけど、お互いに、日常生活の中では、ちょっとしたポジティブな体験であり、必要なことかもしれない。そういった意味では、私が、オフィスに顔を出すことも、社食でランチすることも、ちょっとした意味はある・・・かも。自分では、感謝こそすれ、意識ないし、あまり意識しては、いけないものだと思うのだが。そう考えたら、ちょっと勇気がわいてきた。

さあー、仕事しよう。

追記:ちなみに、Mickさんも、Chocoさんも、れっきとしたご家庭のある方々です。(笑) ああ、思い出した、あのカフェ、去年12月、T君とも2回、朝飯、食いにいったなあー。ああ、旅行記、終わってないな~。読みたい人 (コメントを)? なんちゃって。

| | コメント (5)

2007/04/05

希望

希望なんていうものは、

大空高く、投げ上げるものだ。

そうすりゃあ、

空から、降ってくる、

いつか、たぶん。

| | コメント (3)

2007/04/04

ひとこと・ふたこと・・・

頭では、
出来っこないって、
分かっている。

からだも
ついていかない。

だのに、心だけ、
前に行く。

捨てきれない情熱って、
いいな。

・・・

今朝は、
3時前に目が覚めた。

| | コメント (0)

« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »