« 今年一発目 | トップページ | Where is this? »

2007/02/04

Request from Jil

先週のことである。

ヘルパーのJilさんが、カレーをもって来てくれた。こちらから頼んだわけではないのだが、家庭の味というものを味わう機会が、非常に乏しい私とために、時々、作ったものを持ってきてくれる。昔の日本のご近所付き合いといった感じで、Jilも、日本的というか、やさしい人なのだ。

今回は、15歳の息子さんのリクエストで、チリ・パウダーを使って、辛くしたということ。「一口、食べると、頭がぶっ飛ぶよ。私も、汗をかきながら、食べたから、気をつけて。」 それで、その夜、早速頂いたが、それほど辛くなかった。汗などかかなかった。息子さんもそうだったらしい。

翌日、「It's nice but not really hot as I had expected (おいしかった!けど、思ったほど、辛くなかったよ。)」と言うと(正確には、ラップトップのNotepadで筆談。)、「Really, I like to make it hotter to blow your head. (本当?今度は、頭がぶっ飛ぶほど、からいの作るから。)」と、続けて、「いいこと思いついた。あなたのブログで辛いカレーのレシピを募集して頂戴。私のメール・アドレス、載せてもいいから、そのくらいのリスクは覚悟の上よ。」という。

ということで・・・ Jilのメール・アドレスは、geminigypsy2000@aol.comです。もちろん、英語しかダメですが、料理好きなあなた、挑戦してみてください。いひひひ、私は、受けて立ちます!やはり、ヘルパーさんも、付き合いが長いと、クライアントに性格まで、似てくるのだろうか?

(Jilと、去年4月)

Withjil01

|

« 今年一発目 | トップページ | Where is this? »

コメント

カレーのレシピを(英語で)blogに掲載するってのは良いアイデアかもしれませんね。
写真も入るので、簡単な説明だけでも理解できるかも。
(イギリスはアメリカのような国際単位系を無視した度量衡ではないよね? 我が家にもアメリカで購入したレシピが何冊もありますが、ボンドだとかオンスだとかファーレンハイト...困ります)

投稿: 薪割人 | 2007/02/04 17:41

こんにちは。私もあまり辛いのはダメなのでインド人の友人の手作りのマイルドカレーでも辛いです。っていうか私じゃなくても全然マイルドじゃない。・・・なのでインドカレーの辛いの、vindalooとかなら日本の極辛カレーかそれを越す辛さなのでは?インドカレーならレシピは英語であると思います。なかったら友人に聞いてみますよ。

投稿: mick | 2007/02/05 05:56

書き込み、ありがとうございます。

薪割人さん>
 Jilにカレーのレシピを頼みましたので、つき次第、訳して、掲載したいと思います。イギリスには、Stoneという重さの単位もあるのですが・・・軽量・尺度は、日本が一番、標準を使っているようですね。

Mickさん>
 そうですね。インド人に聞くのが一番早いですね!
 ところで、『あの配達』も、ひそかに心待ちにしているので、よろしくお願いいたします。

投稿: いさむ@UK | 2007/02/05 10:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年一発目 | トップページ | Where is this? »