« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007/02/28

乱闘!

3日前のことになってしまうが、先週の日曜日は、ミクシィで出会った日本人のMickさんが、来てくれた。車を持っているMickさんは、ロンドンで、お米や、納豆、キムチ、あと塩辛など、買って来てくれた。Mickさんは、もう10年以上、イギリスに住んでいて、お子さんも2人いるのだか、とても美人で、去年暮れ、お会いしたときは、驚いてしまった。日曜日は、連れの方がいらして、すぐに帰られたのだが・・・(また、今度、お茶でも、いかがですか? 何ちゃって・・・インターネットだと、すんなりといえてしまう。笑)

その日は、日本食が来るので、午前中から、お米を自分で炊いていた。一人になると、急に、日本食がAtractive。まずは、豆腐に手が伸びた。でも、イギリスの豆腐は、日本からの輸入品で、長期保存が利く紙パックのヤツ。プラスティックとセロハンではない。「ほら、カリフォルニアが、やっぱりいいんでしょう? 帰っておいで。」なんて、聞こえてきそうだが・・・何、「とっくに忘れ去られているから、安心しろ」だって?

まあ、それで、つまり、豆腐の紙パックを開けるという戦いが、始まるわけです。まず、両手ではさみを持つので、どう立てておくか?、もちろん、作業は、安定のいい、床である。大昔、中学のとき、ワンダーホーゲルで、土の上に落ちたビスケットや、なにか(しいて言えば、虫の死がい)浮いている水など飲んでいたので、抵抗ない。豆腐のパックをややそこの深いタッパーの容器に入れ、立てかける。そして、両手ではさみを持ち、端の耳みたいな部分を切り落とすのだが
、これが、なかなか切れない。15分くらい、汗や冷や汗?を掻き、何とか、両耳、落としたときには、パックがつぶれかけていた。その後、バックの上部を縦に切って、めでたし・めでたし、となるはずが、縦にもうまくはさみが入らず、中身、ぐずぐず状態。コロイド状態というべきか? 半分切ったところで、あきらめ、そのコロイド状のものを、タッパーの容器ごとそうっとテーブルの高さまで持ち上げ、お皿に空ける。そして、パックを逆さに、豆腐?を取り出した。まあ、最後まで出すには、使い終わりの歯磨きのチューヴごとく、押し出さなければ、ならなかったが。

お皿に出たものは、つぶれた豆腐。いや、出来立ての型に入れる前の、本当の豆腐。これに醤油をかけ、いただく。形はなくとも、豆腐は豆腐、大豆のほのかな甘さと醤油の味がマッチして、こんなおいしいものが、この世にあったのか、というくらい、おいしかった。薬味などなくても、豆腐には味がある。2分で終了。

これで勢いがついたのか、敗者復活のラウンド2に進む。3パックの豆腐の2パック目に手が伸びた。今度は、はさみと、切れ味のよい果物ナイフを併用した。まず、パックの耳にはさみで少し切り込みを入れる。その切り口に果物ナイフを差し込み、一揆押しに引くと、かなり、うまく切り落とすことが出来た。縦は、はさみで切ったが、崩れなかった。そして、四角い豆腐が、皿の上に!かなりの感動。そして、ご飯をレンジで温め、醤油を絡めて、一説には、猫飯とも言われる、代表的?日本料理を頂く。おいしゅうございました。

でも、まだ、食べれそうなので、塩辛のビニールパックの封を切る。はさみを入れると、プーんと、生くさい潮の香り。これぞ日本の香り、思ったらタイ産であった。閉じている袋の下側を持ち、開ける。水漏れ防止のあれ、なんていうんだろう? 普通、袋の口を両側に引っ張るが、摘むのが大変なので、下側を引っ張ったほうがいい。久々の生もの。温かいご飯をもう1膳。至福のときであった。

追記:
1.本日28日、妹が、日本から来る。あっ、来た。英語学校は通い、6ヶ月滞在するらしい。
2.Jil、なんだか、オペが・・・、復活ならず、それで、再入院。現実って・・・

| | コメント (2)

2007/02/24

Mountain in my memory

また、Googleでいたずらしました。24年前行った乾徳山です。写真をクリックすると、拡大しますが、黄色い線が通ったところです。白いのは雪です。下のエッセイを読みながら、見てください。よく、分からなかったら、ごめんなさい。
エッセイ:The Last Hike

山は変わらず、いつもそこにいますね。あの頃の冒険心、独立心、思い出しました。

Hi. I had fun again with Google Earth. This is Mt. Kentoku which I went 24 years ago. You can click the photo to enlarge. The yellow line is the rout we took.The white thing in the picture is snow.You can read my essay, The Last Hike. I guess it's not so clear, though.

The mountain I loved is still there even after 24 years. I hope I still have my young adventure mind of teens.

Kentoku2

| | コメント (0)

2007/02/22

薪割人さん、2万ヒット・ゲッターに!

薪割人さん、おめでとうございます。
また、証明写真を送っていただき、ありがとうございました。早速、HPの方、アップデートさせていただきました。
あまり、賞品など、用意していないのですが、昔、軽い英訳を、頼まれたことを思い出しました。また、比較的軽い英訳など、ございましたら、お申し付けください。

太平洋時間 2月22日午前5時(日本時間午後10時)は、私のサイトとしては、とても競争率が高かったようで、9人の方が、見に来られたようです。はずれてしまった方、もし、よろしければ、コメントをいただければ、と思います。
他愛もない遊びに、お付き合い、いただき、ありがとうございました。

Hit_score_feb_22

| | コメント (0)

2007/02/19

あと53ヒット

まったく更新していないのだが、HPの方が、2万ヒットまで、あと53ヒット。
どんな人が踏むだろうか? 人じゃなくて、サーチエンジンだったりして・・・冗談です。
http://www.geocities.com/isamush01/

今後とも、よろしく!

修正:タイトルがバクってました。52→53

memo for myself (業務用ノート):
19989 hit by Feb. 21 4 p.m. (PST)

| | コメント (1)

2007/02/17

3と言う数字にこだわれば、

最近、仕事が急がしい、あるBackporting(単にコードの移植)をやっているのだが、かなり遅れ気味。もともとは、私が、自分の守備範囲を広げようと、新しい分野に手を上げたのが悪いのだが。考えていた以上に、テストの質と量など、新しいことばかりだった。日々、勉強。リードしてくれるシニア・エンジニアがいい人で、大幅に助けてもらいながら、今は何とか、こなしている。時々、アメリカにいるそのエンジニアとチャットして、午前3時とかまで・・・ いよいよ、私も、本格的にエンジニアになれそうだ、とか思ってしまう。

でも、このプロジェクトで、続々と上がってくる新しい問題をゲットできず、チーム・メイトに回っていく。ボスも怒っているだろうなあ~と勝手に思っていた。少し、うつ状態だったかも。ところが、木曜日、オフィスに行って、自分の席まで行こうと、電動車椅子を転がしてしていると、と、突然、車椅子が動かなくなった。とっさに振り向くと、いたずら好きのボスが、車イスの取っ手を握って、必死に後ろに引っ張っていた。とても笑える光景。私も、負けずと、パワー・サッカーのブロックの要領で、壁と車イスで、はさみつけてやったが。(私が、電動に乗っているときは、あまり反抗しない方がいいですよ。笑) これで、お互い、何を考えているか分かっって、緊張が、やわらいだ。

考えてみれば、イギリスに来て、3年が経とうとしている。その間、いろいろあったし、生活も、ヘルパーさんが毎朝、来てくるようになったし、変化した。ふと思う。3と言う数字には、意味があるかも。仕事でも、3日、3週間、3ヶ月、3年。私など、障害があるものでも、3日、オフィスに通えば、慣れて、もらえる。3週間で、コミュニケーションがうまく行くようになる。3ヶ月で、1仕事、こなす?。でも、普通の仕事人になるためには、3年掛かると思う。逆に言えば、3年くらい続けられれば、いいわけだ。

話は、それるが、「3つ、印をつけると、正確に、直線を引くことが出来る。」と言うのは、母の口癖だ。理論的には、2点が決まれば、その2点を通る直線は、一意的に決まるのであるが・・・。3点となると、2nd Derivativeもとれそうだし、平均値も取れ、ブレがなくなるからかな? 関係ないけど、なんとなく、関連があるような気もする。

いろいろ考えていること、書きたいこと、あるけど、書くと、うそっぽくなるので、今日は、止めておく。

| | コメント (0)

2007/02/14

Take Care, Jil

今朝、介助に来てくれたヘルパーのJilさんが、来週、水・木・金と休むと言う。もちろん、代わりの人が、来てくれるので、いいのだが・・・

理由は、腰の手術。脊椎をちょっと、痛めているらしい。それで、脊椎だから、体の神経が通っていて、左足も痛む。先週・金曜日も朝、動けなくなったみたいで、あのPさんが来た。痛み止めの薬を飲むと、頭がボーっとするし、だいぶ重症なようで、4月の手術を2月に繰り上げてもらったようだ。

手術自体は、簡単なようで、再来週には、仕事に復帰すると言う。でも、脊椎をいじられるって、怖いような・・・昔、脊椎を痛めて、車イスの生活になった人、何人も知っている。Jilは、介助する人で、私は、介助される人なんだけど、・・・まったく、どっちがどっちなんだか・・・!? ちょっと、心配。Take care Jil. もう少しだけ、痩せた方がいいと思うんだけどな・・・僕は。

| | コメント (0)

2007/02/13

朝の太陽

今朝、いつものタクシーでオフィスへ、向かっていたら、朝の太陽がまぶしかった。
季節は、確実に春に向かっている。今年は暖冬だが。

ふと、考えた。あの太陽の裏側ってどうなっているんだろう。行ってみたいな。
ああ、でも、地球は公転しているので、半年経てば、我々は、あの太陽の裏側にいるんだな。
行けるんだ、そんなところまで。

太陽から地球まで、光速30万キロ/秒、1秒で、地球、7周半の光でも、8分掛かる。
米国NASAのセンターから、火星・地表の探査機にコマンドを電波で送って、探査機が指示通り動いて、レスポンスが帰ってくるまで、30分かかるというから、やはり、それくらいだろう。

僕らは、8分前の太陽を見ている。とすると、当たり前の話だが、地球の公転軌道の直径が16光分で、仮に円周率PI=3とすると、地球は、1年で48光分 896400万キロ、約90億キロ、旅をする。地球にに乗っている我々も、太陽を基準に考えると、1年で90億キロ、宇宙空間を移動している。

これって、ちょっとすごいことだなあと思う。まあ、地球にへばりついていて、外に出ることは、容易でないのだが。

でも、地球に閉じ込められていると考えるか、地球に乗っかって90億キロ、旅をしていると考えるか? 私は、後者でありたい。
それもみんなと一緒に、旅しているわけだから、楽しいはずである。

訂正: 90億キロではなく、9億キロでした。
18x48x100=18x(50-2)x100=(900-36)x100=8億6400万 rxk14007さん、コメント、ありがとうございました。

| | コメント (6)

2007/02/12

Where is this?

Amsubway2 It's the Subway ski slope at Alpine Meadows, California. You can see ski lifts in the photos. The photos were taken from Google Earth, which I played with on Saturday.

Usually, we give an address to it, and it searchs the place for us. But this time, I, who like to read maps and to do ground navigation, tried to get a place just with using zooming pretty far from the earth.

First, I tested to search the cabin in Minessota, U.S.A. which I stayed at during my winter dogsled camping oh well 14 years ago. But there are many similar long narrow shape lakes in the boundary water area with Canada; I couldn't find it. A part of the reasons is, of course, my memory has not been updated for 14 years.

So I changed my target to the place I'm more familier with. Alpine Medows was the place I used to go often when I was living in California for skiing. And it's the place I missed most!!! I'm living in U.K. now. I believe that the photo from a Satelite was taken in the end of May or June, but I'm still very happy to see the lifts I used a lot. I skied the slope many times with my instructors at Adaptive Ski School. I'll be there, oh surely at some points in the future.

週末、GoogleEarthで遊んでみました。アドレスを入れると、すぐ、その場所の空撮写真が出てくるのですが、今回は、あえて使わず、地図を頼りにズームだけ使って、行きたいところを探し当ててみました。写真は、カリフォルニアのレイク・タホ、アルパイン・メドー・スキー場のサブウェイ・コースです。写真撮影の季節は、6月くらいだと思いますが、上から下にリフトが通っているのがお分かりでしょうか?

Amsubway

| | コメント (3)

2007/02/04

Request from Jil

先週のことである。

ヘルパーのJilさんが、カレーをもって来てくれた。こちらから頼んだわけではないのだが、家庭の味というものを味わう機会が、非常に乏しい私とために、時々、作ったものを持ってきてくれる。昔の日本のご近所付き合いといった感じで、Jilも、日本的というか、やさしい人なのだ。

今回は、15歳の息子さんのリクエストで、チリ・パウダーを使って、辛くしたということ。「一口、食べると、頭がぶっ飛ぶよ。私も、汗をかきながら、食べたから、気をつけて。」 それで、その夜、早速頂いたが、それほど辛くなかった。汗などかかなかった。息子さんもそうだったらしい。

翌日、「It's nice but not really hot as I had expected (おいしかった!けど、思ったほど、辛くなかったよ。)」と言うと(正確には、ラップトップのNotepadで筆談。)、「Really, I like to make it hotter to blow your head. (本当?今度は、頭がぶっ飛ぶほど、からいの作るから。)」と、続けて、「いいこと思いついた。あなたのブログで辛いカレーのレシピを募集して頂戴。私のメール・アドレス、載せてもいいから、そのくらいのリスクは覚悟の上よ。」という。

ということで・・・ Jilのメール・アドレスは、geminigypsy2000@aol.comです。もちろん、英語しかダメですが、料理好きなあなた、挑戦してみてください。いひひひ、私は、受けて立ちます!やはり、ヘルパーさんも、付き合いが長いと、クライアントに性格まで、似てくるのだろうか?

(Jilと、去年4月)

Withjil01

| | コメント (3)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »